こんにちは♪
ローズウィンドウ教室 アトリエ・彩です。

はやいもので御世替わりから、もうすぐ一ヶ月……すっかりご無沙汰しちゃってましたね。
令和元年という響きに、ちょっとは慣れてきたようにも思いますが、
まだまだとっさには平成……という言葉が浮かんでしまう私です……(;´▽`)ゞ

パリのノートルダム大聖堂の火災がおきたのは、そんな、平成も終わろうとしていた頃でした。


  『Notre-Dame de Paris 〜North Rose〜』 図案:薬師寺 智子先生

ステンドグラスが大好きで、ローズウィンドウを作っている者としては、
本当にショッキングなニュースで、放送されている映像を見たときには、只々、呆然としてしまいました。
きっと多くの方が、私と同じように大きなショックを受けられたことと思います……。


NHK NEWS WEB ノートルダム大聖堂火災1か月 再建方針めぐり議論より画像をお借りしました。
(再建に向けてのコンペが行われるとか……。私としては昔のままの形で、耐久性や強度の向上に現代の技術を生かして欲しいところですがね。)



情報錯綜していた当初は、バラ窓も破裂して溶けた……などと伝わったりしていましたし……(TmT)ウゥゥ・・・
その後、おおかたバラ窓は無事らしいということがわかったものの、
やはり、あれだけの火災に遭ったのですから、それなりの修復は必要なはず……、
私たちが作るのは、バラ窓を模して薄紙で作る工芸品の「ローズウィンドウ」だけど、
火災に遭って修復が必要な、ノートルダム大聖堂のバラ窓のために、なにか力になることは出来ないか……
そんな想いで仲間に呼びかけ、ノートルダム大聖堂再建支援金を集める活動を始めています。

 

名古屋でローズウィンドウ教室をされている薬師寺先生が
パリのノートルダム大聖堂のバラ窓(北窓)の再現作品を図案化してくださいました。
6月25日(火)までの期間限定にて、こちらの図案を販売の際に、お気持ち分の寄付を募っております。
【ご賛同ありがとうございました、終了いたしました。】



集まった寄付金は、ノートルダム再建のために適切な団体へ寄付されるよう、
じぶん銀行に代行を依頼する予定です。

→→→ じぶん銀行『2019年ノートルダム大聖堂再建支援金の受付開始』

 

少し前から、知り合いのローズウィンドウ講師仲間に声をかけてスタートさせておりましたが、
もし、私とまだ面識がない方でも、ローズウィンドウが好きで、私たちの活動に賛同してくださる方が
いらっしゃいましたら、お声かけいただけると嬉しいなと思っています。

ご興味をもっていただけるようなら、ぜひ、ご連絡をお願いします。
ノートルダム大聖堂図案の販売および寄付について、詳しくご説明させていただきます。


【ご賛同ありがとうございました、終了いたしました。】

 

 


コメント
コメントする








   

【 ブログ内検索 】



【 プロフィール 】



【 カテゴリー 】



【 最新記事 】



【 過去記事 】



Facebook Page



mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM